IDATENは、日本の感染症診療と教育を普及・確立・発展させるために活動している団体です。

KANSEN JOURNAL バックナンバー

先天性風疹症候群 (2019/12/28)

あいち小児保健医療総合センター救急科/総合診療科
樋口 徹

東京オリンピック(1964年)開催の翌年、沖縄で風疹が流行し、妊婦の25〜30%が罹患したと推定された。妊娠初期4か月間に感染した妊婦は2000〜2400人と考えられ、先天性風疹症候群(congenital rubella syndrome; CRS)を発症した子どもたちが408人確認された…

全文を読む

知っていますか? Staphylococcus lugdunensisという菌 (2019/12/23)

相野田祐介

皆さんは、Staphylococcus lugdunensisS. lugdunensis)という菌名を聞いたことがありますか? 自分はこの「ラグド」もしくは「ルグドゥ」と聞いたときに、どこかのRPGなどに出てきそうな名前だなと思いましたが…

全文を読む

百日咳 (2019/11/19)

静岡県立静岡がんセンター感染症内科
山本修平、伊東直哉

百日咳は現行の予防接種で抑制が十分できておらず、局地的な流行が断続的に起きています。重症化のリスクのある新生児での発生報告も途絶えていません。百日咳の流行状況や対策について…

全文を読む

Clinical Pictureクイズ――グラム染色された血培検体の正体は? Clinical Pictureクイズ――グラム染色された血培検体の正体は? (2019/10/16)

静岡県立静岡がんセンター感染症内科
寺田教彦、倉井華子

慢性腎不全の患者(68歳、女性)で、入院中に採取された血液培養から図に示すような菌が検出された。以下の文章を読んで、このグラム染色から疑わしい菌名を選択肢から選べ。…

全文を読む

WHOが推奨する新しい抗菌薬適正使用の基準――AWaRe分類 (2019/09/06)

国立国際医療研究センター国際感染症センター
AMR臨床リファレンスセンター
日馬由貴

2016年に日本における薬剤耐性(AMR)対策アクションプランが策定されたことで、医療者の薬剤耐性に対する意識はだいぶ変わってきたように思う。一般市民への啓発はまだまだ…

全文を読む