IDATENは、日本の感染症診療と教育を普及・確立・発展させるために活動している団体です。

KANSEN JOURNAL バックナンバー

【ミニレビュー (3/3)】 肺結核症診断の原則――いわゆる「後医」の立場から (2013/09/10)

山口宇部医療センター 呼吸器内科
大藤 貴
帝京大学ちば総合医療センター 血液リウマチ内科
萩野 昇


○肺結核ハイリスク群では胸部X線撮影・喀痰抗酸菌検査をより積極的に行なう
 前述のように、身体所見・画像所見ともに、典型例がある一方で多数の 非典型例が存在する。このように、肺結核はとらえどころのない疾患であり…

全文を読む

【ミニレビュー (2/3)】 肺結核症診断の原則――いわゆる「後医」の立場から (2013/09/02)

山口宇部医療センター 呼吸器内科
大藤 貴
帝京大学ちば総合医療センター 血液リウマチ内科
萩野 昇


 (幕間劇)
指導医ぶぅちん(以下「ぶぅちん」) 「感涙」
研修医しまむら(以下「しまむら」) 「どうしたんですか、ぶぅちんセンセ!」
ぶぅちん 「感無量」
しまむら 「……まさか再登場できるとは思ってませんでしたもんね、センセ」…

全文を読む