IDATENは、日本の感染症診療と教育を普及・確立・発展させるために活動している団体です。

KANSEN JOURNAL バックナンバー

【Case Study (3/3)】 発熱・嘔吐を主訴に来院した重篤な既往歴のない60歳代女性 (2014/03/21)

東北大学病院検査部 大江千紘
東北大学大学院医学系研究科感染症診療地域連携講座 具芳明


○前回までのまとめ
・軽度の糖尿病はあるが、比較的健康な高齢者に発症したListeria による市中細菌性髄膜炎。
・症状の発現から細菌性髄膜炎として本格的な抗菌薬治療が開始される前に約2日の期間があり、この間に症状が進行してしまった。…

全文を読む

【Case Study (2/3)】 発熱・嘔吐を主訴に来院した重篤な既往歴のない60歳代女性 (2014/03/13)

東北大学病院検査部 大江千紘
東北大学大学院医学系研究科感染症診療地域連携講座 具芳明


○前回までのまとめ
・軽度の糖尿病はあるが、比較的健康な高齢者が発熱、嘔吐、意識障害をきたしている。
・前医で、fever work up前に広域ペニシリンが使用されていた。
・身体所見上は、髄膜刺激症状がある。
 主治医はこのようなプランを考えました。…

全文を読む

【Case Study (1/3)】 発熱・嘔吐を主訴に来院した重篤な既往歴のない60歳代女性 (2014/03/04)

東北大学病院検査部 大江千紘
東北大学大学院医学系研究科感染症診療地域連携講座 具芳明


○症 例 60歳代女性
○主 訴 発熱、嘔吐、食欲不振
○現病歴 入院2日前、朝より食欲不振、午後になり発熱・嘔吐が出現した。近くの救急病院を受診し…

全文を読む