IDATENは、日本の感染症診療と教育を普及・確立・発展させるために活動している団体です。

KANSEN JOURNAL バックナンバー

【Case Study (2/3)】 発熱・発疹を訴えERを受診した50歳代男性 (2014/04/25)

日本赤十字社和歌山医療センター感染症内科
大棟浩平 古宮伸洋


本症例のプロブレムリスト
#1.39℃台の発熱
#2.全身性紅斑(体幹部優位の紅丘疹)
#3.肝酵素上昇
#4.血小板減少
 診断に向けて、まずは皮疹からアプローチしていく。皮疹を診察する際は…


全文を読む

【Case Study (1/3)】 発熱・発疹を訴えERを受診した50歳代男性 (2014/04/18)

日本赤十字社和歌山医療センター感染症内科
大棟浩平 古宮伸洋


症 例:40歳代男性
主 訴:発熱、発疹
現病歴:2013年5月の和歌山にて。当院受診5日前より体幹を中心とした紅斑および39℃台の高熱が持続したため、近くの皮膚科医院を受診した。同院で風疹と言われ…


全文を読む