IDATENは、日本の感染症診療と教育を普及・確立・発展させるために活動している団体です。

KANSEN JOURNAL バックナンバー

【臨時号】 エボラウイルス感染症の現状と対策(その2) (2014/11/08)

奈良県立医科大学感染症センター
笠原 敬

 Kansen Journalでエボラに関する第一報を10月23日に報告してからはやくも2週間以上が過ぎた。10月17日付けのWHOの報告では疑い例から確定例までの総計は9,216症例、死亡例が4,555症例であったが…

全文を読む