IDATENは、日本の感染症診療と教育を普及・確立・発展させるために活動している団体です。

KANSEN JOURNAL バックナンバー

リベリアのコミュニティでのエボラ出血熱対応の活動経験(その1) (2015/06/25)

日本赤十字社和歌山医療センター感染症内科部 兼 国際医療救援部
古宮伸洋

 西アフリカで発生しているエボラ出血熱のアウトブレイクは、2015年5月末現在、終息傾向にあるものの過去に例を見ない規模となっている。 筆者は昨年5月に国際赤十字赤新月社連盟(以下、連盟)の一員としてリベリアに派遣され…

全文を読む