IDATENは、日本の感染症診療と教育を普及・確立・発展させるために活動している団体です。

KANSEN JOURNAL バックナンバー

【ミニレビュー(3/3)】肺炎球菌感染症 (2015/08/23)

北海道大学病院 内科I
中久保 祥

JCHO東京高輪病院 感染症内科・総合内科
渋江 寧

肺炎球菌感染症に対する治療は、感染巣によって、またドレナージが必要な合併症の有無などによっても異なりますが、ペニシリンを中心としたβラクタム系薬 の使用が一般的です。βラクタムアレルギーを有する場合や…

全文を読む

【ミニレビュー(2/3)】肺炎球菌感染症 (2015/08/14)

北海道大学病院 内科I
中久保 祥

JCHO東京高輪病院 感染症内科・総合内科
渋江 寧

 肺炎球菌感染症で代表的なものは肺炎と髄膜炎ですが、その他にも様々な臨床像を呈します。 肺炎球菌は上気道に定着しうる菌であり、保菌者や肺炎患者との濃厚接触によって、飛沫や接触を介して曝露します。上気道では…

全文を読む

【ミニレビュー(1/3)】肺炎球菌感染症 (2015/08/07)

北海道大学病院 内科I
中久保 祥

JCHO東京高輪病院 感染症内科・総合内科
渋江 寧

 肺炎球菌は、世界中に広く分布しているグラム陽性双球菌です。小児でも成人でも、気道感染を中心に様々な感染症を引き起こす「メジャー」な起炎菌であり、 1881年にパスツールによって初めて同定されて以来…

全文を読む