IDATENは、日本の感染症診療と教育を普及・確立・発展させるために活動している団体です。

KANSEN JOURNAL バックナンバー

【ミニレビュー(2/3)】 MRSA感染症の治療(バンコマイシンを中心に) (2018/03/27)

東邦大学微生物感染症学講座
小野大輔

埼玉医科大学総合医療センター総合診療内科・感染症科
岡 秀昭

●今回のテーマ:難しい局面(1)「バンコマイシンのMICが高いMRSA株の治療は?」
第2回目である今回は、「難しい局面(1)」として、バンコマイシンのMICが高いMRSA株に遭遇した場合の治療について取り上げます…

全文を読む

【ミニレビュー(1/3)】 MRSA感染症の治療(バンコマイシンを中心に) (2018/03/19)

東邦大学微生物感染症学講座
小野大輔

埼玉医科大学総合医療センター総合診療内科・感染症科
岡 秀昭

メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(Methicillin-resistant Staphylococcus aureus;MRSA)は日常診療で高頻度に遭遇する最も有名な多剤耐性グラム陽性球菌であり、病原性も高く、皮膚軟部組織感染症や骨髄炎、感染性心内膜炎、カテーテル関連血流感染症など…

全文を読む