IDATENは、日本の感染症診療と教育を普及・確立・発展させるために活動している団体です。

KANSEN JOURNAL バックナンバー

経口抗菌薬へのスイッチを再考する(2019/07/29)

国立国際医療研究センター病院総合感染症科・国際感染症センター
野本英俊、忽那賢志、早川佳代子、大曲貴夫

セファゾリンの供給停止問題は、一時的とはされているものの、日本の感染症診療に大きな影響を及ぼしています。この問題は、1種類の薬剤だけにとどまらず…

全文を読む